東大寺-全てが巨大スケール!知名度もバツグンな「奈良の大仏様」

今回ご紹介するのは奈良の東大寺です。

こちらは歴史の教科書でおなじみの、日本を代表するお寺です。

今回はそんな東大寺の魅力についてご紹介します。

高さにビックリ!南大門

奈良公園の中にある東大寺の南大門(なんだいもん)

こちらはお寺の顔ともいえる山門で、高さが約25m以上もあります。

日本の中でも最大クラスの大きさで、門というよりも立派な建物という雰囲気です。

強そうな金剛力士像

さらにこの南大門にあるのが、有名な金剛力士像です。

仁王像とも言われるこの金剛力士は、阿行(あぎょう)と吽行(うんぎょう)があり、お寺に来られた方々を出迎えます。

阿行は口を開けて何かをさけんでいるスタイル。

吽行は口を閉じて歯をくいしばっているスタイルで、どちらも険しい表情のすごい迫力!!

身長8m以上、体重6トン以上のヒノキでできたこの像は国宝に指定されています。

なお、大仏殿は入館料がかかりますが、この南大門は公園内にあるので入場は無料。

つまり、金剛力士像という国宝の彫刻美術をタダで見られる!日本で唯一の超レアなスポットです。

穏やかな表情の大仏殿

メインの東大寺金堂です。

こちらは「奈良の大仏様」で有名な大仏殿で、現在の大仏様は今から300年以上前の1709年頃に再建されたものです。

大仏様の横幅は57m、奥行き50m、身長は49mもあり、目の前で見ると独特のオーラがただよいます。

また、大仏のまわりには広目天や毘沙門天などが立ち並び、

如意輪観音や虚空蔵菩薩が脇をかため、荘厳な雰囲気がただよいます。

また、大仏殿の柱には鼻の大きさと同じとされる穴が開いていて、周りには行列ができるほど人気のパワースポットになっています。

まとめ

日本のお寺の中で知名度バツグンの、世界遺産でも有名な東大寺。

テレビや写真でおなじみですが、実際に生で観るとそのすごさに感動することまちがいなし!

全てが巨大なスケールで、圧倒的な存在感にただ驚かされるばかりの奈良の大仏様です。

名称:東大寺 とうだいじ
住所:奈良県奈良市雑司町406-1
電話:0742-22-5511
東大寺のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る