海遊館-巨大なジンベイザメは必見!大阪ベイエリアの人気スポット【大阪】

今回やって来たのは大阪で人気の水族館「海遊館」です。

一般的に水族館と言えば子供向けのイメージがありますが、この海遊館は圧倒的なスケールと演出で大人も子供も楽しめるスポットです。

今回はそんな海遊館の魅力を紹介します。

珍しいクジラにあえるアクアゲート

海遊館に入って最初にあるのが、トンネル型の巨大な水槽のアクアゲートです。

水槽内にはたくさんの海の生き物が暮らしています。

ザメの仲間である珍しいボンネットシャークや、タイの仲間のデバスズメダイ、迫力のあるエビなど、いろんな生き物が元気に出迎えてくれます。

ちなみに朝は9時30分から入場が可能です。

太平洋を再現した水槽も

とっても広い太平洋をイメージしてできたのが、そのまま「太平洋」とネーミングされた巨大な水槽。

深さ9m、最大長は34mにもなる大迫力の水槽には、さまざまな生き物が暮らしています。

中でもオスの海君(かいくん)とメスの悠ちゃん(ゆうちゃん)の2頭のジンベエザメは海遊館のシンボル的な存在です。

海君は体長およそ4mで体重800キロ、悠ちゃんは体長およそ5mで体重1100キロという圧倒的なサイズです。

なお、ジンベエザメは鮫の中でもおとなしく、海君と悠ちゃんはとても癒される人気キャラクターです。

巨大な水槽内ではサメの仲間であるハンマーヘッドシャークや、エイなど実にいろんな海の生き物たちを観ることができ、あまりの迫力に圧倒されます。

他にも見どころがいっぱい

館内はかわいいペンギンがお出迎えする北極館や、

ライトアップされたクラゲが神秘的に漂う幻想的なコーナー、

実際に海の生物にさわれるコーナーもあります。

館内ではレストランやショップもあり、食事休憩や土産物の購入も楽しめます。

幻想度がアップする夜の海遊館

海遊館は夕方になると夜間照明の効果でさらに幻想的になります。

海の深海のような濃いブルー色に、優しい月明かりが差したような光の演出で、生き物達の様子もより魅力的に見えます。

館内のBGMも夜間照明に合わせて落ち着きのあるとてもいいムードが漂います。

カップルやご家族、気の会う知人と訪れて、幻想的なひとときを楽しむのもいいですね。

*写真は大阪湾に沈む夕日と人魚の像です。

まとめ

圧倒的なスケールの海遊館、いかがでしたでしょうか。

1990年の開園以来、大阪ベイエリアの観光場所としてUSJと並ぶほどの人気で、海外からのお客さんも多いスポットです。

休日になると昼間は来場者が多いですが、夕方からは子供連れのお客さんも少なくなり、比較的ゆっくり落ち着いて鑑賞できます。

いろんな魚に癒されてまったりできる海遊館。

大阪に立ち寄った際は、是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称:海遊館 かいゆうかん
住所:大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10
時間:10:00-20:00
電話:06-6576-5501
海遊館のページ

※当サイト内に掲載している情報は取材当時のものです。時間の経過により内容が変化して、実際と異なる場合がございますので予めご了承ください。
また、お気付きな点はプロフィールのアドレスまでどうぞ。誤記など指摘していただけると助かります。

関連記事

【新型コロナの影響について】

新型コロナウイルスの感染防止による影響で、臨時休業など各施設の営業時間が変わっている場合があります。
お出かけされる前には、公式HPやSNSなどで最新情報についてご確認ください。

ピックアップ記事

アーカイブ

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る